» 安心な工務店のブログ記事

本堂屋根替え

投稿日:2015年07月23日 作成者:


こんにちは!

静岡一、安心な工務店をめざし
天然素材を使った健康住宅をお客様に提供する。
有限会社丹澤建設 二代目、丹澤光一です。

屋根替え、銅板屋根、お寺

鋼板屋根は瓦屋根の約1/10です
あなたはこの数字の意味が分かりますか?

東日本大震災が起きて4年ほどが経ちます。
まだまだ復興にはかなりの時間が掛りそうですね。
私が経験した大きな地震は小学5年生の時で
皆一斉に机の下に隠れました。その時私は右足を
骨折していたので、隠れるのに大変苦労した事を
思い出します。

その頃から東海大地震が騒がれ出され、避難用に
防空頭巾が必須アイテムになっていました。
それから私の妹の頃にはヘルメットに替り、
着用が義務化され今でも私の地域の小学校生
はかぶっているんです。

あれから40年近くたちましたが、
肝心の東海地方では起きず
別の場所で多くの地震が
大変な被害を及ぼしていますね。

昔から問題視されていたので静岡の建築物の耐震化は
他の県よりかなり進んでいます。

各市街の補助金体制も整っているのです。
私の会社でも毎年3棟以上、耐震工事を受注しているので
かなり耐震化は普及していることが実感できます。

私は以前、築50年鉄筋コンクリート造の本堂屋根変えを頼まれました。
もともとは瓦葺きの屋根ですが50年前の鉄筋コンクリート造・・・
地震のことを考えると瓦葺から銅板葺きに変えることにしました。

私は以前から寺院は瓦、神社は鋼板そんなイメージできましたし今
でもそう思っています。大地震が起きてもおかしくない場所
そうなるとどうしても軽い屋根を選択してしまいますよね。

なぜなら瓦葺と銅板葺の重さはかなり違うので躯体に対する負担が
かなり軽減されると考えたからです。
ちなみに日本瓦の重さは約165kg/坪、鋼板屋根は約17㎏/坪なので

瓦屋根から鋼板屋根にすることで約1/10軽くする事ができました。

ちなみに瓦屋根悪い訳ではありません、構造計算がしっかりされているので
倒壊する恐れはほとんどありませんし瓦屋根の場合釘で固定されているので
ずれることも無いと思います。

悲しいかなコストの面と最大の理由である重量と落下の危険性の面から
敬遠されてしまいます。
イメージと言うのは怖いものですね、私もイメージは大切にしています。

住職さんからもう一つの注文が屋根の形を良くしてくれでした。

そのため屋根の下地を1回全て剥がし下地からスタート、今回は軒先が
コンクリートスラブなので、軒先廻りを重厚に見せるための下地作り、
大屋根のたるみ(曲線)も替え屋根全体に厚みを持たせ何とか
住職さんに気に入ってもらえる屋根の形ができました。

「丹澤さん、いい形だね~」
そう住職さんからねぎらいの言葉をいただき
私の心の中では「よっしゃー」の言葉が響きました。

社寺、仏閣は軒先の反りが大工の腕の見せところ、私の息子も
三重の塔を建ててみたいと、仕事が終わっても工場でその日の為に
日々修練に没頭しています。

丹澤建設の家造りは天然素材から放出される成分を
全身で感じてもらい住んでいる人が幸せで暮らせる
そんな家造りをモットーにしています。

自然素材を使って家を建てたい方
自然素材に興味のある方は資料ご請求ください。

資料のご請求、問合せは、こちらです。

お問い合わせはこちら

 

カテゴリー: 本堂屋根替え | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 本堂屋根替え はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:054-366-3838 受付時間:平日9:00~18:00(定休日:日曜・祝日)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

私は静岡市内でNO1工務店を目指している有限会社丹澤建設代表の丹澤光一です。健康住宅・自然素材今流行りのニーズですねそれを自信もって提供できるのは知識と経験を持った丹澤建設です。創業45年の実績、住人が健康で安心して暮らせる家造りを目指しています。

投稿者別

Calendar

2019年1月
S M T W T F S
« Jul    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Facebook(丹澤 光一)

twitter

facebook

最近の投稿

カテゴリー