» 丹澤建設のブログ記事

リノベーションと自然素材

投稿日:2015年07月05日 作成者:


こんにちは!
静岡一、安心な工務店をめざし
天然素材を使った健康住宅をお客様に提供する。
有限会社丹澤建設 二代目、丹澤光一です。

リノベーションで自然素材を使って快適生活。

リノベーション、自然素材、快適生活

かれこれ20年以上前に建てた住宅のリフォームが
先日から着工しました。

仕事のお話をいただき打合せに伺うと建設時のことが
鮮明に思い浮かんで来ました。

総桧の門をくぐり石畳みのアプローチを通り抜けて
6帖ほどの玄関に入ると

畳敷きのホール、その向うに全面ガラスで
日本庭園の庭が眺められる大ホール

24帖の二間続きの客間と茶室がありはその奥は
プライベート ゾーンが続いている
とても大きな数寄屋造りの家でした。

この頃はまだ注文住宅はハウスメーカーさんよりは
地元の大工が施主さんから直接依頼を
受けて家を建てるのが主流でした。

私の住んでいる町内にもたくさんの工務店があり
その中で生き抜いていくためにはお客様との信頼関係

それと他社にはない卓越した技術そして吟味した材料で
お客様の安心して暮らしていただく住宅を
提供する事と考えていました。

信頼関係が築き上がるとお客様も家で使用する材料から
仕上がりまでを全ての面を私たちに任せてくれます。

この頃私たちは竹と籐を色々な所に使っていました。

例えば和室二間続きの和室の欄間に竹を固定し
水に浸し柔らかくした籐を巻き付けたり、
茶室の天井には竹を廻縁、竿縁に使って杉板の
天井板を張っていく・・・・

竹は経年変化であめ色に変色していくため
時代と共に深みが出てきます。
そんな変化を楽しめるのも天然素材だからですね。

私たちは数寄屋造りの玄関ホールに畳をよく使い
お客様に大変喜ばれています。

え、玄関に畳?と思いますが。中身を本物のい草で作った
畳は程よい弾力があり、お客様と座って話す時でも長時間座っていられます

足ざわりも冬は温かく梅雨の時期はべとつかない
なんといっても江戸時代から武家屋敷に使われてきた実績がありますよね。

新建材が使われて50年ちょっとです。
現在では技術の進歩にともない強度があり扱いやすい
建築材料がたくさんあります。

しかし50年前は最先端の床材だったものが
リフォーム現場では、つなぎ合わせの接着材が寿命なのか
作業中に載ると抜けてしまう怖さ!

左官屋さんの材料に繊維壁があります。
以前は多くの所で使われていましたが
古くなると繊維がボロボロ崩れ落ち
見た目が悪くなったりします。

新建材は年と共に経年劣化して、構造的にはもろくなってしまう材料だと思います。

しかし自然素材は経年変化しても「渋み、深み、おもみ」と逆に味わいが出て来ますね。
法隆寺の五重の搭のように1000年以上経っても立派に現存しています。

現在リフォーム中のお宅も
床は桧のエンコ板・壁は聚楽そして天井には無垢の杉材

天然素材をふんだんに使っています。

築20数年ですが天井と欄間に使った竹と籐が良い感じのあめ色になっていたり
天井板の杉も落ち着いた色になり、玄関ホールの畳も20年一度も
直していないのに擦れきれることなくきれいなっています。

今回のリフォームはプライベートゾーンの改修、ここでも自然素材を
ふんだんに使っており、50年・100年後にもっと味わいが出てくるものであり
お客様が健康で安心して暮らしていける家を造ります。

丹澤建設の家造りは天然素材から放出される成分を
全身で感じてもらい住んでいる人が幸せで暮らせる
そんな家造りをモットーにしています。

自然素材を使って家を建てたい方
自然素材に興味のある方は資料ご請求ください。

資料のご請求、問合せは、こちらです。

無料の資料請求はこちら

カテゴリー: リノベーション 自然素材 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | リノベーションと自然素材 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:054-366-3838 受付時間:平日9:00~18:00(定休日:日曜・祝日)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

私は静岡市内でNO1工務店を目指している有限会社丹澤建設代表の丹澤光一です。健康住宅・自然素材今流行りのニーズですねそれを自信もって提供できるのは知識と経験を持った丹澤建設です。創業45年の実績、住人が健康で安心して暮らせる家造りを目指しています。

投稿者別

Calendar

2019年3月
S M T W T F S
« Jul    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Facebook(丹澤 光一)

twitter

facebook

最近の投稿

カテゴリー