» 大野市のブログ記事

住宅と健康の関係って知ってる?

投稿日:2015年10月27日 作成者:


こんにちは!
福井県大野市で、お客様の笑顔と健康を守り、家(ゆめ)の実現を サポートする、
自然素材が大好きな 有限会社 中村工務店 代表の 中村 昌嗣です。

住宅が健康に与える影響って考えた事ってありますか?

健康 野菜 自然な物

健康って言うと、食事や運動を 思い浮かべますよね。 それは、間違いではありません。
バランスの良い食事、適度な運動 まさしく健康でいる為に行うことですよね

今日は、住宅環境が健康に及ぼすお話 をさせて頂こうと思います。

住宅環境が健康に及ぼす影響って何?

まず、断熱性能の悪い家、温熱環境の良くない 家は、体を冷やしてしまいます。
体が冷える事が原因として考えられる病気には

動脈硬化・不妊症・気管支炎・自律神経失調症 等々

まだまだ他にも恐ろしい病気があります。

また、一番起こりやすいのが、ヒートショックと 呼ばれるものです。

ヒートショックとは、暖かい部屋から寒い部屋へ または、
その逆というように温度が急に変化した時に血圧や脈拍が上昇または、
下降して心臓や血管に大きな 負担をかけることであります。

最もヒートショックが起きやすいのは、冬場の トイレや浴室と言われています。

では、これらを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは、部屋ごとの温度差を無くす。

断熱性能が高い家は、家全体を断熱材でくるんでいるので 各部屋の温度差が少ないですね。

あと、てっとり早いのは、温熱環境を整える。

要は、暖房器具等で、部屋を暖めておく事です。 ただ、常に温めておかなくなると、
ランニングコストが かかってしまうので、あまりお勧めはできません。

食事制限や、運動をするのも大事ですが、 断熱性能のいい家で生活する方が、

健康改善率が高い

という事も、データとして発表されています。 もはや、疑う余地はありませんね

“頭寒足熱”という言葉を知ってますか?

私も経験があります。私の小さい時は まだ、小学校が木造の時がありました。
当然、暖房は教室の一番前にあるストーブだけでした。
最初は、寒くて寒くてしょうが無かったのですが、時間と共に頭の方だけ暖かく、
足元が寒い状態になってました。 この状態の逆が“頭寒足熱”ですね。

人間は、上半身が温度が高く、下半身は低くなってます。

この差を出来るだけ小さくするのが、“頭寒足熱”です。 逆の“頭熱足寒”状態、
私の小さい頃は実は体に良くなかった んですね。

東洋医学で言うところの、冷えのぼせ状態です。

この“頭熱足寒”状態を解消して“頭寒足熱”の 状態にすることも病気の予防と改善には大切なことです。

最近は、子供たちの友達の顔が見えるや、様々な理由から リビング階段や、
吹き抜けなど天井の高い間取りが よく見受けられます。

暖かい空気は、対流して上部へ流れ、
寒い空気は
逆に下部にたまります。

そんな時は、天井部分にプロペラファンをつけ、
人為的に暖かい空気が下へ降りるような 設備を設けなければいけません。
特に、私の暮らしている福井は北陸の寒い土地 ですから、
余計にそういう事にも気をつけなければ いけませんね。

基礎断熱も忘れてはいけません。

床は縁の下で、断熱する方法もありますが、 地面の熱、いわゆる地熱を利用して、外気より 床下の空間を暖めておくのも、とっても効果的ですね。

中村工務店は、お客様の健康を大切にする工法を常に 取り入れて、
建物と共に健康も守り、全ての方々が安心して 暮らせる健康住宅を提供していきます。

安心して暮らせる本物の大工さんが造る自然素材を使った
健康住宅に興味のある方は、中村工務店にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

カテゴリー: 住宅 健康 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 住宅と健康の関係って知ってる? はコメントを受け付けていません。

住宅の価値ってなんでしょうか?

投稿日:2015年10月17日 作成者:


こんにちは!
福井県大野市で、お客様の笑顔と健康を守り、家(ゆめ)の実現を
サポートする、自然素材が大好きな
有限会社 中村工務店 代表の 中村 昌嗣です。

こんな家 大好きです。

木造住宅 自然 調和
住宅の価値ってお客様個人が決めるもので、

千差万別ですよね。

例えば僕は、こんな周りの自然と調和した、大きすぎない
自然素材を生かした木造住宅が好きです。

ハリウッドに建っているような、プール付きの
鉄筋コンクリートの豪邸が好きだという方もいます。

そういう風に考えると、

住宅の価値って本当に難しいですね。

僕たちみたいな、住宅を建てる事を生業としている人間は、
お客様と打ち合わせの中で、その方が家のどの部分に
価値を見出しているかを見抜かなくてはいけません。

昔、改修工事を依頼されたお客様に、負担にならない程度の提案を
させて頂いた時に、こんなに高い物にしたくない

家に対する価値観が違う

と怒られました。

そのお客様は、家にはお金をかけたくなく、趣味に
お金をかけたい方でした。

まだ未熟だった僕は、そこまで見抜けなかった訳です。

自分の価値で、
出来るだけいい家にしてあげたい。
と思うのが、僕たち家を建てる側の考えですが、
それが、正解ばかりではないという事を初めて知りました。

外装にこだわる、内装にこだわる。耐震構造にこだわる。
ローコストにこだわる。断熱にこだわる。

こだわり方はたくさんあります。

そんな中でも、僕は
構造材に無垢材を使う
、内装には
自然素材、無垢のフローリングや、壁は珪藻土や
ジュラク等の
塗り壁を使う健康住宅

に、こだわりたいと考えています。

あ、あとは家じゅうの温度差を無くすために、

基礎断熱

にもこだわりたいと思っています。

健康というと皆さん、まず食事や運動と考えられると思いますが、
聞いた話によると、

家の中の温度差をなくす

のが、一番効果的だと偉い先生が仰ってるそうです。

ただし、僕の考える健康住宅は、普通の合板フローリングや
クロス貼りの壁、断熱のしていない基礎に比べると、
確かにコストがかかります。

いくらいいものでも、提案はさせて頂きますが、予算と言う
部分からも、こだわりを持つ方でないとご賛同頂けないと思います。

そんな考えから、SNSを活用して、いいものを発信していき同じ価値を持つお客様に出会えるのを楽しみにしています。

良い物は、それなりに高い。

当たり前の事ですが、根拠なく良い物を安くするのは、

必ずどこかに無理がかかります。

憶測で申し訳ないのですが、横浜のマンションの事件も、
昨今の低予算、工期の短縮など、色々な要素がからまった結果
なんじゃないかなと思います。

最初から、手抜きをしようと思う職人はいないからです。
少なくとも、当社の職人、協力業者の職人にそんな人はいません。

無駄にお金をかけようと言うつもりもありませんが、
限られた予算の中で、お客様の価値観を大事にして、
お客様の笑顔の為にいい家・健康な家を提供していきたいと思います。

中村工務店は、全ての方々が安心して暮らせる健康住宅を提供していきます。

安心して暮らせる本物の大工さんが造る自然素材を使った健康住宅に興味のある方は、
是非お問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら

カテゴリー: 住宅 価値 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 住宅の価値ってなんでしょうか? はコメントを受け付けていません。

住宅に適した木材って知ってる?

投稿日:2015年10月14日 作成者:


こんにちは!
福井県大野市で、お客様の笑顔と健康を守り、家(ゆめ)の実現を
サポートする、自然素材が大好きな
有限会社 中村工務店 代表の 中村 昌嗣です。

木材って言っても色々あるよね

お嫁に行く前に、じっくりと乾燥している、杉の原木達

これは、杉の木が積んであります。
木って一言で言っても、色々な種類がありますよね。

有名なところで、杉やヒノキ(檜)松やケヤキ(欅)
住宅に使わない木を言いだすと、もっともっとありますね。

国産と外国産の違いもあります。
僕の意見なんで、一概に正しいとは言えませんが、
住宅に使うのであれば、僕は国産が一番だと思っています。

しかも、地元の!!
それはなぜかと言いますと、やはりそれぞれの地域の気候にあっているからです

日本は南北に長く、いろいろ環境が違います。
乾燥する地域に、乾燥に弱い木を使うと良くないですよね。
無駄にひび割れしたり曲がったりしちゃいます。

その点、その地域で育った木は、そこの気候に慣れていますから
家に使っても、狂いが少ないのではないかと思います。

木は生きていますから

木にも、性(しょう)と呼ばれる性質みたいなものがあって、
熟練した人でないとなかなかわかりませんが、
性(しょう)の悪いのと良いのがあります。

性の悪いのは、予測しない方向に曲がったり、割れたりします。
僕たち大工は、その木の性を見て、使う場所を決めたり、
加工の仕方を変えたりしています。

また、木の材質によって、強度も違います。
昔は、胴差や梁によく松が使われていましたが、検査の結果
杉にも十分な強度がある事が判明しています。

今、松じゃなく杉を使うハウスメーカーや工務店が
増えてきていますね。

そして、杉よりも、見た目や強度に優れた材料がヒノキです。
ま、その分お値段もお高いですが・・・(笑)

以上の理由から、当社では、国産の杉とヒノキで家を
作らせて頂いています。国産で、出来るだけ県産材を使います。

それが、地元福井に一番適した材木だからです。

また、無垢の木ってひび割れがおきます。
これって強度的に大丈夫なんでしょうか?心配になりますよね。

僕も調べてわかった事なんですが、

年輪巾の小さい材程、ひび割れが大きく
強度も強いという結果がでています。

ウソやん と思われる方は、ネットで調べてみてください。
すぐにわかりますよ(笑)

年輪巾が小さいという事は、それだけ密に育っているという事、
その為、強度が強いという事なんでしょうね。

昔から、会長や師匠らがひび割れのある方が丈夫なんやと
自信満々に言っていましたが、科学的に照明されてないのに
わかっていた、という先人の知恵というか経験値が裏付け
されて、とてもうれしいです。

ただ、悲しい事に、乾燥が進むにつれ、材の良い面の方から、
割れて行く事も実証されています。あ~もったいない 泣

今は、集成材もあります。
無垢の木にも、集成材にもそれぞれ、いい点悪い点ありますので、
ここで、どちらが良いという事は言及しませんが、僕はやっぱり

無垢が好き

という事で、これからも無垢の木を使った健康住宅を作って
いきたいな~と考えています。

中村工務店は、全ての方々が安心して暮らせる健康住宅を提供していきます。

安心して暮らせる本物の大工さんが造る自然素材を使った健康住宅に興味のある方は、
是非お問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら

カテゴリー: 住宅に適した 木材 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 住宅に適した木材って知ってる? はコメントを受け付けていません。
12

お電話でのお問い合わせ:0779-65-7127 受付時間:平日・第1・第3土曜日8:00~17:00(定休日:第2・第4土曜 日曜日)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

福井は大野市で、無垢材と自然素材をこよなく愛し、古から受け継いだ匠の技で 本物の大工が造る本物の健康住宅をお客様に提供させて頂いてます。 (有)中村工務店 代表 中村 昌嗣です。

投稿者別

Calendar

2019年11月
S M T W T F S
« Nov    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Facebook(中村 昌嗣)

twitter

  • Snakmura

facebook

最近の投稿

カテゴリー